ZOOM LiveTrak L-20 レコーダー デジタルミキサー オーディオI/O

ZOOM LiveTrak L-20を発表 2018年8月上旬頃発売

ミキサーにオーディオインターフェース機能が付いているとPCに音を流し込むのにとても便利です
オーディオI/O機能が無ければ、普通のミキサーとオーディオインタフェースと機材が二つになり
それぞれを結線してPCへUSBで音声を送らなければならず煩雑になります

これからミキサーを購入される、またはミキサーを持っているけれど買い替えるならオーディオインターフェース機能が付いたミキサーの方が良いです。


最高24ビット/96 kHzのWAVフォーマットで、全20トラック+マスターミックス(L/R)の同時レコーディングが可能

マルチトラックレコーダー機能を持ち各チャンネルに3バンドEQ ローカット、フェイズ、

2系統のエフェクトバスを備え、同時に2種類のエフェクトを好みのチャンネルにかけることができ

Bluetooth アダプタ(別売)と専用iOSアプリ「L-20 Control」で、iPad からリモートコントロール可能

22 イン/ 4 アウトの USB オーディオ・インターフェース機能搭載

単体で22chも扱えるオーディオI/Oってなかなか無い ADAT対応のマイク・プリアンプなどで拡張して入力を増やす場合もあるが、最初から22chもあり、10万円ぐらいで購入出来るモノはない

PA用のデジタルミキサーに使うのでも扱えるチャンネル数に対してかなりコンパクトに収まる

DAWで使うにしろ、デジタルミキサー&レコーダーとして使うにしろかなりお買い得だと思います




The Zoom Livetrak L-20




Zoom LiveTrak L-20: Introduction



Zoom LiveTrak L-20: Control App for iPad



Zoom LiveTrak L20: Skype For Podcasting (Mix Minus)



Zoom LiveTrak L-20: Saving Scenes



Zoom LiveTrak L-20: Overdubbing



Zoom LiveTrak L-20: Custom Output Mixes













yahooショッピング → ZOOM LiveTrak L-20



楽天市場 → ZOOM LiveTrak L-20



サウンドハウス → ZOOM LiveTrak L-20


楽器・音響機器・舞台照明 サウンドハウス